セスナ機撮影とドローンの違い

CESSNA AND DRONEセスナ機撮影とドローン撮影の違い

弊社ではセスナ172型(4 人乗り)の飛行機をチャーターし、
空撮専門の自社カメラマンがデジタル一眼レフカメラによって撮影を行っています。
目的に合わせたアングルを心が掛け、ご満足頂ける内容の成果品をご提供致します。
専門業者として、40年以上に亘り培ってきた経験と技術をさらに向上させ、
ドローンを始めとする新しい分野を融合させながら
日々、変わり続ける東北の姿を記録します。

セスナ機による撮影

約300~3,000m上空の幅広い撮影高度より、ダムや高速道路などの土木工事、百名山や三陸海岸など風景、周年記念市や市町村概要などに使用される町の全景等など、地上からは見ることの出来ない姿を鳥瞰した撮影が可能です。
約150kmの速度で約5時間程度のフライトが可能なため、非常に機動力に優れ、災害時等には広範囲の被害調査を目的に撮影を行うことも出来ます。

■セスナ機とは

小型の飛行機を指すカテゴリーのひとつ。
乗員8 名程度以下の固定翼の飛行機で、遊覧、移動、写真撮影等を目的とし、飛ぶこと以外の特別な装備を持たないものを指します。

ドローンによる撮影

基本的には150m以下の低高度での撮影が可能です。
頭首工や橋梁、学校や工場など、小さい構造物等の撮影を得意とします。
(弊社では全国対応の包括申請も取得済みです。)
安定した動画も撮影可能なため、近年、非常に需要が高まっています。

■ドローンとは(無人航空機の総称)

人が乗ることが出来ない飛行機、遠隔操作、又は自動操縦などにより飛行させることが出来るものの総称。
空撮だけでなく、測量、農薬散布、荷物運搬、災害救助やレース用等、ビジネスから趣味まで急速に普及が進んでいます。


※セスナ・ドローンとも、撮影不可能な場所や、気象条件などによっては、撮影が不可能な場合もございます。詳細はお問合せ下さい。
※後日、セスナ機とドローンで撮影したアングルを比較したサンプルアップ希望

SERVISE

空撮による写真・動画撮影の他、当社で撮りためたデータのレンタル等を行っております。

Copyright © 2018 Photo Studio Syasin Kikaku. All rights reserved.